ある日、いつものように泣きながら「イヤ!」というと、母が「もうイヤーーーーーー!」 と絶叫して泣き叫び始めた

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

495名無しさん@おーぷん 21/02/27(土)12:21:32 ID:FW.i0.L1 幼い頃の思い出。

私は2~3歳ごろ、とにかく何でもイヤイヤ!と泣きわめく子だったと記憶してる。

いわゆるイヤイヤ期というやつ。

両親がそのたびに「私子ちゃんお靴はこうよ、これすっごく可愛いよ?」「きゃー!お洋服素敵ね!お姫様みたいよ」と盛り上げようとするも「イヤ!お靴いや!お洋服もイヤー!」

そんな状態がずーっと続いたある日、私がいつものように泣きながら「イヤ!」というと

母「もうイヤーーーーーー!!!!!!!!!」

と絶叫して泣き叫び始めた。

私はビックリして固まり、父が「おい、どうしたんだ、おい、大丈夫か、少し休もう、な」と泣き叫ぶ母を寝室に連れて行った。
その時、「ママに嫌われた」というのはなんとか子供心に理解できた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

その日しばらくして、「ママごめんね。私子きらいね?」というと、「私子ちゃん、今日はママ大きな声出してごめんね、びっくりしたね。ママは私子ちゃんが大好きで、私子ちゃ・・・
 
続きを読む >>